サラ金で借金すると銀行ローンが通らなくなる?

保証人

借金の原因とは
サラ金で借金すると銀行ローンが通らなくなる?
借金の元金が減らなかったらどうする?
借金の取り立てが家族に来たらどうする?
保証人になるのは駄目なの?
返済ができなくなったらどうする?
自己破産にはいくら掛かる?
自己破産したら借金はなくなる?
自己破産のデメリットは?
借金の相続とは

サラ金で借金すると銀行ローンが通らなくなる?


現在は経済的に余裕がある一般家庭は少なく、皆さんぎりぎりの生活を送っています。
急ぎで現金が必要というとき、銀行などのように時間がかかることなくまた無担保無保証人でスピーディに借りることができる消費者金融のキャッシング、いわゆるサラ金ですね、
そこから借金をするということもあると思います。

でも皆さんも一度は聞いたことがあるかと思いますが、消費者金融、サラ金に借金を作ると、銀行のローンが通らなくなるということ、これって本当なのでしょうか。
結婚する前にサラ金で借金していたということであっても、結婚後に住宅ローンなどを組む際、審査に通らないとなると、これは問題です。
これ、全くのウソなんですね。
いったいどこからこういった根も葉もないうわさが流れてしまうのか・・・これもインターネット上でどんどん広がる都市伝説的なものなのかも知れません。
サラ金に借金があるとしても、そのことが原因で銀行ローンの審査に落ちる、ローンが組めないという事実はありません。

銀行でローンを組む申し込みを行うと、申し込みをおこなった方の債務履歴を個人信用情報機関で調べます。
でも個人信用情報機関はいくつかの機関があり、銀行が利用する個人信用情報機関と消費者金融系統が利用する信用機関は違います。
通常、銀行が審査を行う際には消費者金融が利用する個人信用情報機関は利用しないため、そこに債務があるかどうかということは分からないのです。
ただ、今は個人の債務を収入に見合ったもの以上作らせないために、総量規制という法律があります。
このため、債務の残額は銀行でも把握しています。

銀行ローンの申込者について、銀行が一番重要視するのは、現在の収入がどのくらいあり、その収入が安定的で長期にわたり継続的にあるかどうかという点です。
ではどうしてサラ金に借金があると銀行のローンは通らないといわれるのか?というと、基本的に、サラ金という金利の高いところで借金をするということは、
銀行で融資が受けられないという人、とイメージします。

通常、銀行で申し込みをしてだめ、信販系で申し込みをしてもだめ、そして最後に消費者金融で申し込み、ということが一般的な借金の仕方だと考えるため、
サラ金の借金を持っている人は銀行のローンに通らないといわれているようです。